03 Jul名古屋でリノベーションしたい人へ

名古屋のリノベーション業者のホームページを見ていて思うことがあったので書いてみます。名古屋でリノベーションしたい人へ

リノベーションする意味を考えよう

住宅関連の言葉で最近よく耳にするのは、「リノベーション」というワードです。今まではリフォームが主流となっていましたが、最近はリノベーション住宅も増えてきており、今後も増加することが予測されます。このリノベーションとは、そもそもどういう意味があるのでしょうか。名古屋におけるリノベーション住宅を見ていくと、築年数を経ている住宅なのに、古さを全く感じない物件が目立ちます。多くは、中古の戸建てをリノベーションしている物件です。見た目も室内においても新築同然に感じるのですが、新築ではなく築20年・30年といった物件が数多く存在するのです。

リノベーションは、古い家屋に新たな付加価値を見出し、新築同様の家に仕上げる工事を意味しています。リフォームの場合は建てた当初のように修繕工事することを意味しており、リノベーションとは異なる特徴を持っています。
慣れ親しんだ家の良い所はそのままに、プラスアルファとして機能性や最新設備を取り入れるのが、リノベーションです。寿命が短いと言われる日本住宅にとって、画期的な仕組みと言えるでしょう。

日本住宅は寿命が短いと言われている

日本住宅は、外国の家と比べて寿命が短いと言われています。理由はいくつか考えられますが、名古屋のリノベーション事情と一緒に考えてみましょう。

リフォームやリノベーションが普及する前までは、古くなった家は改築や建て替えするのが主流でした。戦後のハウスメーカーや工務店などは、安くて量産できる家造りを求められていたため、質の良い住宅を造りにくいという事情があったのです。名古屋においても該当しており、かつては築20年を過ぎた家は取り壊されることが多かったです。
しかし、最近は住宅に対する考え方が変わってきています。以前のようにコストを抑えて量産する必要性がなくなったために、良質で100年住宅と呼ばれるような家造りが増えてきているのです。

31 Mar長期優良物件について

長期優良住宅とは

長期優良物件について今日は、ちょっと最近気になっている、長期優良住宅についてです。

2009年に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が制定されました。この法律は、住宅が長期にわたって使用することで排出される廃棄物を減らし、環 境への負荷を軽減、また建て替えなどによる個人の費用負担も減らすことで、より優しく豊かな暮らしへの転換を図る目的で施行されたものです。
そして、この法律の中で設定された基準をクリアしたものが、長期優良住宅が認定されることとなったのです。
と ころで、この長期優良住宅とはどのようなものを指すのでしょうか?基本的には長期にわたって良好な住環境を保てるような基準をクリアしている住宅というこ と。具体的には、構造や躯体の劣化への対策、耐震性、維持管理や更新が容易にできること、バリアフリーや省エネルギーなどの性能も求められています。
またある程度の住宅環境や面積についても基準が設けられています。

長期優良住宅のメリットとデメリット

さて、この長期優良住宅の大きなメリットは、税制の優遇措置が受けられることです。
所得税の減税措置や固定資産税の軽減、また一部住宅ローンでは、金利の優遇措置を受けられるところもあります。このように税において優遇措置を設けることで、より買いやすくし、普及させようとの試みなのです。
一方デメリットとしては、この長期優良住宅の認定を受けるにあたっては、必ず申請が必要ということです。
こ れには、かなり時間もかかりますし、申請のための諸費用もかかってきます。事前に住宅メーカーや工務店に相談し、この基準をクリアするような建築内容にし なければなりません。そのため、そうでない住宅に比べると工期にも時間がかかりますし、現場では材料によっては、コストアップする可能性が出てきます。ま た、完成後にも10年ごとに検査を行うなど、ある程度の諸費用がかかってくることも否めません。
このようなメリットとデメリットがありますが、基本的には将来の地球にとって優しい住宅を作る、ということを念頭において、考えていきたいものです。

11 Novベトナムを満喫する

現地の料理を食べる

ベトナムを満喫するベトナムへ旅行に行ったら、ぜひベトナム料理を食べて帰りたいと思うことでしょう。とはいえ、海外で入ったレストランで食べたものが、意外と日本でも食べられそうなものだったという経験をしたことのある人は少なくないのではないでしょうか。
確 実に、現地の料理を食べるには、あらかじめベトナム料理について知っておく必要があります。例えば、ベトナムの代表的な料理にフォーと呼ばれるライスヌー ドルがあります。お米を主食とする日本に比べて、麺類が多いのが特徴です。レストランのメニュー票に“ブン”という文字で始まる名前があったら、それはす べてビーフンが含まれていることを示していますから注意してください。ただし、どうしてもご飯物が食べたくなったらコムガーと呼ばれるチキンライスを探し てみると良いかもしれません。
また、日本でお馴染みのヌムクオン(またはゴクイオン)と言われる生春巻きやその春巻きを揚げたネムザン(チャーヨー)という食べ物もあります。具や味付けが日本で食べたことのあるものとは違うはずですから、本場の味をぜひ味わってみてくださいね。

レストランの選び方

ベトナムの街を歩いていると、大きなレストランもあれば、小さなレストランもあると思います。ただ、海外旅行をしているとよくあることですが、どのお店に 入っても満足できるというわけではありません。むしろ、失敗したと感じることは少なくないでしょう。そこで、ベトナムへ行く前にどのようにレストランを選 ぶべきか心得ておく必要があります。
例えば、あまり有名でない小さいレストランへ入ろうと思う時には、衛生面のチェックを欠かせないようにしま しょう。使っている食器や、可能なら厨房を覗き衛生的な調理をしているかどうか確認してみてください。不衛生なお店だと、せっかくの海外旅行なのにお腹を 壊してしまうという悲劇に遭ってしまうかもしれません。チェックする自信のない人は、マンダリンやホアンイエンなど日本人の間でも有名な大きいレストラン へ行きましょう。

ベトナムについては、こちらのサイトもご覧ください。

08 Oct価格別に見る布ナプキンの素材的・形状的諸特徴と実際の客層のニーズ

布ナプキンの価格と素材・形状の関連性

現在、女性が生理の際に使用する布ナプキンは様々なメーカーから販売されていますが、その価格はメーカーブランド、素材、デザインなどによって異なります。本記事では、素材や形状の違いで布ナプキンの価格がどのように変動しているのかを見ていきます。一般的な布ナプキンの価格は、枚数やサイズによって異なりますが、大体200円~3000円とまちまちです。この内200~1000円の布ナプキンは、農薬などの化学薬品の使用を抑えたオーガニックコットンという綿素材が含まれていないものがほとんどです。またナプキン内部には、経血が外に流れ出るのを防ぐための吸収体や防水材といったポリマー素材が入っていないため、使用する場合は何枚も重ねたり、1枚を2重3重に折り返さなければいけません。その観点から、形状はハンカチのような平布状になっており、突然の出血には対応しづらいという欠点があります。つまり、1000円未満の価格帯にある布ナプキンは、使用する女性にとってやや不安の残る作りになっていると言えます。次に1000円~2000円の布ナプキンについて見ていきます。

この価格帯の布ナプキンには、オーガニックコットンを部分的・100%使用しているものが多いため、化学物質を原因とした痒みやムレ、アレルギーなどが出る心配が少ない点が特徴です。加えて、吸収体や防水材が内蔵されたものもあり、出血の多い日にも対応しています。

a1180_010363

形状的な特徴としては、ショーツのクロッツ部分に固定するための羽根(クリップ)が付いており、外出時にも装着しながら使用することができます。こうしたことから、ナプキンにより安心感や利便性を求める女性に対しては、この価格帯の布ナプキンが有効だと言えます。最後に2000円~3000円の布ナプキンについて見ていきます。この価格帯の布ナプキンのほとんどには、前述した性質がより細部に付けられているため、機能面では心配ありません。注目すべきはショーツ型の形状をしたものも存在することで、着心地の良さに加え、高い吸水性と合わせることで軽度の失禁対策にもなるなど、高い利便性を備えています。日常生活においてナプキンを使用する頻度が多い女性に適した布ナプキンだと言えます。 Read the rest of this entry »

06 Oct布ナプキンを使用する上での注意

そもそも布ナプキンとは?

布ナプキンとは使い捨てではない、洗って繰り返し使うコットンなどで出来ている布製のナプキンです。生理用ナプキンを消耗品として考えている人にしてみればあまり馴染みのないことかもしれませんが、ベビー用品であるおむつにだって布おむつというものが存在しているのだから、布の生理用品があるというのは別段不思議なことではないでしょう。
布ナプキンには折りたたみ、羽根付きのタイプがあり、羽根付きタイプは吸収体入りのものやパッド重ね型のものなどがあります。
折りたたみタイプのナプキンは一枚の布を細長く折って使用します。付着する血液の量によっては布ナプキンを丸ごと交換する必要がなく、折り方を変えることにより血液の付着していない綺麗な面を何度か使用することができます。

a1380_000873
羽根付きタイプ(吸収体入り)のものは。ショーツに固定できる羽根が付いています。使い捨てナプキンを常用している方には馴染みあるものではないでしょうか。使用法も使い捨てのものと酷似しており、ショーツに固定し汚れたらその都度交換していきます。また布ナプキンの中に吸収体が入っているだけなので、薄くコンパクトです。
最後に羽根付きタイプ(パッド重ね型)についてです。これは上記の吸収体入りのものと同様の使用方法なのですが、交換方法に違いがあります。吸収体入りのものはその都度、丸ごと交換していきますが、パッド重ね型は読んで字の如くパッドを重ねての使用をしている為、汚れ具合次第ではありますが、パッドの交換をするだけで済みます。パッドはショーツを固定する羽根に付いているホルダーに重ねられています。

 

布ナプキン使用上の注意点

ナプキンには自分の血液が付着するわけですから、繰り返し使用する布ナプキンは洗濯しなければいけません。その際洗濯を他人に任せることなく、しっかりと自分で行ってください。というのもC型、B型肝炎、HIVなどの血液を媒介とする感染症の危険性があるからです。もし感染していることに気付かなければ、非常に危険なことになります。ですので、布ナプキンは自分専用とししっかりと自分で洗濯してください。 Read the rest of this entry »

03 Oct布ナプキンのメリットとデメリット

布ナプキンのメリット

まず布ナプキンのメリットについて話したいとおもいます。
最初に考えるのがやはりコストパフォーマンスのよさだと思います。
使い捨てナプキンと違い洗って繰り返し使えるということが一番のよさといえると思います。
女性にとって生理は切っても切れない関係です。
使い捨てナプキンでは何回も買いにいかなければならないしナプキンだけ買いにいくという人もいると思います。
ですが布ナプキンならそんな手間もいらず何回も買い換える必要もないのでとてもコストパフォーマンスに優れています。
また急な生理で使い捨てナプキンを切らしているなんてこともみなさん経験していると思います。
そんなとき布ナプキンなら切らす心配もなく急な生理でも対応できるのでとても便利だと思います。

a1750_000029

仕事の途中や急な外出先で誰かに買ってきてもらったりすることもなくてすみます。
実際使ってみた感想ですが通気性がよくいままであったムレやかゆみがなくなりとても心地いいつけごこちです。
布ということもあり実際の下着とかわらない感じで着用することができるので着けている不快感もなくていいと思います。
通気性がいいことで夏でもかゆみやかぶれが少ないので生理のときもある程度ストレスなくつけることができると思います。
また布ナプキンにはたくさんかわいい柄のものがありどの柄を買おう、今日はどの柄をつけていこう、そういった楽しみも使い捨てナプキンでは味わえないと思います。 Read the rest of this entry »